一番人気のVRゴーグルはどれ?家電量販店でVRメガネをリサーチしてみた

  • LINEで送る

VRゴーグルが欲しくなったとしたら、どういったところで入手しますか?
値段的に安いのは通販だけれど、実際に手にとってみることや、装着することができないので、初めて買う場合はちょっと不安になります。

それだけでなく、アマゾンで「VRゴーグル」と検索してみると、約5,000もの商品が見つかる。グーグルなどの検索サイトと同じように1〜2ページ目しかきっと見ないので、本当にいいものを探すとなるとちょっと難しいと感じます。

購入するのがはじめてで、買ってから後悔しないためにも実際に手にとって触ってみたほうがいいですね。そこで、VRゴーグルが普通に売ってそうな家電量販店を何店舗か巡って調べてきました。

足を運んでみたのは、池袋のビックカメラとヤマダ電機。新宿のビックカメラとヨドバシカメラ。VR自体がどれくらい認知されているのかも含めて、所感をまとめました。

【ビックカメラ】わかりやすくランキング形式でディスプレイ

ビックカメラ

大手家電量販店の一つ、ビックカメラでは、約20種類弱のVRゴーグルが置かれていました。はじめて選ぶ人に優しいことに、売れ筋ランキングという形でディスプレイされていました。

もちろん、これは店舗によっても変わってくるため、目立たせた工夫をしていないお店もありましたが、そういったお店は店員さんにどれが実際に売れているのかを聞いてみました。

ビックカメラ一押し!エレコムのVRゴーグル─3,970円

エレコムのVRゴーグル

ビックカメラは3店舗ほど足を運んでみました。どのお店もこのエレコムのVRゴーグル(P-VRG03シリーズ)を押しており、比較的安価で、ピント調節機能が付いている本格派なところがセールスポイントといった感じ。

お店で売っていたのは、カラータイプはブラックでしたが、調べてみるとブラック、ブルー、グリーン、ホワイトと4種類から実際に選べるのはとってもいいと感じます。

対応しているスマートフォンも4.0〜6.0インチまで可能で、ピント調節機能だけでなく、目幅の調節ができたり、光学レンズを使用していたりと、安い以上に高性能なところが魅力です。

アダルトVRなどのコンテンツにもある程度、お金がかかってくると考えると、4,000円程度のVRゴーグルはちょうどいいお値段と考えられます。スマートフォンは持っていると仮定して、小遣いの中から1万円程度なら上手く捻出することもできるでしょうし、6,000円程度までソフトの部分にかけられます。

トータル的なことを考えて、この性能で4,000円と考えると十分すぎる内容です。公式サイトの注意書きに載っていることですが、メガネをかけての利用はできないそうなので、裸眼で見るようにしてくださいね。ちなみに、視力が悪くても、ピント調節機能があれば大丈夫ですです。安心して使ってください。

エレコム VRゴーグル ヘッドマウント用 ブラック P-VRG03BK

持ち運びしやすく、簡単に組み立てできるエレコムのVRグラス─2,280円

エレコムのVRグラス

頭にしっかり固定するためにバンドが用意されているタイプのものは、VRゴーグルと言われており、バンドがなく両手で持って活用するVR機器は、VRゴーグルと呼ばれています。

ビックカメラで2番目に売れているものは、エレコムから販売されているVRグラス(P-VRG01シリーズ)。折りたたみができ、持ち運びも簡単なVRグラスは、根強い人気の持つVR機器です。

対応しているスマホのサイズは、4.5〜5.5インチまで対応しているということで、P-VRG03シリーズよりかは制限がかけられてしまっています。

しかし、このP-VRG01シリーズの魅力は手軽さです。組み立て式と言われて、本当にできるのかなぁ??と思われる方もいるみたいですが、想像以上に宦官に組み立てられることにビックリすることでしょう。

カラーも4種類あって、ブラックの他に、ブルー、カーボンブラック、カーボンホワイトの4種類あって、自分好みのカラーのを入手したいところですね。

P-VRG01シリーズのVRグラスには、ヘッドバンドがついているのでハンズフリーで使うことができます。しかし、耳の上を通る1方向だけなので、しっかりと固定ができないため、激しく動かないでくださいね。

ELECOM VR用 VRゴーグル VRメガネ 3D 折りたたみ可 ホワイト P-VRG01M2

ハコスコが出しているミドルエンドのVRゴーグルも売れ筋─6,000円

ハコスコ

VRゴーグルのメーカーとして、有名になってきたハコスコ社。ハコスコと聞くと、ダンボールで作られた簡易的なタイプのVRグラスをイメージすると思いますが、重厚感あふれるVRゴーグルも製造しており、ハコスコ社の中ではそれが一番売れているとか。

税別6,000円というミドルエンドのもので、ピント調節機能やしっかりと頭部に固定できるなど、基本的に嬉しい機能がついているので、エントリーモデルとしては十分な性能と言えるでしょう。フィットした装着感と負担のない重さが、没入感を高めてくれます。

ハコスコ X2 デラックス2 VRビューワー・二眼モデル DX2

その他、ハイエンドのモデルやローエンドも幅広く取り揃える

売れ筋は上記3種類とのことですが、他にも1万円程度の「STELTH VR VR200」やドイツの光学レンズメーカーが開発したカールツァイスのVRゴーグルなど、ハイエンドのモデルも幾つか。

単純な立体映像や360度映像だけでなく、没入感を高めてくれるVRゴーグルは、レンズが高性能であればあるほどいいので、いつかは使ってみたいところですね。

その他、2,000円を下回るような安価なVRグラスなど、ローエンドでお試し感バッチリなものもあったので、ちょっと試しに……という方は、そちらでも良いでしょう。

まずは知ってほしい!とビックカメラは考える1280円のVRゴーグルが一番目立つ

3DVRPKシリーズ

今回足を運びに行った時に、一番目立ってディスプレイされていたのは、BELL社が送る「3DVRPKシリーズ」というものです。VRゴーグルのカラーもホワイト、ブラックだけでなく、ビビットなブルーとピンクとイエローとレッド。

世の中的にVRが広まっているようにも思えるけれど、実際に手にとって使ってもらえているかというと難しく、まずは安いVRゴーグルを多くの人に販売し、よりグレードの高いゴーグルに移ってもらう戦略がよくわかります。

オモチャの感覚で購入することができるVRゴーグルは、かなり魅力的で、まずやってみようという点ではかなり良いでしょう。

ヨドバシ村で有名な新宿西口のヨドバシカメラ!どのショップでもいいから店員に聞け

新宿のヨドバシカメラといえば、東口にもあるけれど西口の専門館に分割された、ヨドバシ村へ行けばたくさんのVR機器が存在すると思って足を運んでみました。

お店によっては、1種類しか置いていないところもあるため、真っ先にやることは、店員さんにどこの店舗が一番置いてあるかを聞くことから始めるとよいです。

ちなみに、一番種類が置いてそうな新宿西口本店フロアでは、1種類しか置いてないらしく、出てすぐ目の前にある携帯・スマートフォン売場にたくさんあるとのこと。

ちなみに、この携帯・スマートフォン売場のビルは、MY新宿第二ビルで、将来的にここに20階建てのヨドバシカメラのビルが建設されるそうな。

そこで見つけたVRゴーグルは、他の店舗と一緒な品揃えですが、ちょっと変わったものも置いてあったので紹介します。

Chelly VR GLASS:ヘッドフォンと一体型のVRグラス─8,610円

Chelly VR GLASSVRゴーグルやVRグラスの多くは、イヤホンやヘッドフォンは別で装着してくださいとなっています。

しかし、冷静に考えたらヘッドフォンと一体型になっている方が便利なような気もします。映像を観るだけで、音声はいらないと思っている方なら別ですけれど、大迫力な音声やリアルと同じような環境音を聞くことで、あたかも自分がその場所にいるような錯覚を受けます。

実際に使ってみないと、「Chelly VR GLASS」の音質はわかりませんが、煩わしいケーブルやヘッドフォンを追加で使用する上で起こる重さの問題は、回避できることでしょう。一体型が好ましいという人であれば、「Chelly VR GLASS」はおすすめです。

Chelly VR GLASS

細かいところを見れば、VRの種類は豊富

VRヨドバシ
ヨドバシVR

下の棚の方にひっそりと置かれているVRゴーグルも幾つかあり、ヨドバシカメラの品揃えはかなり良い感じです。価格帯も2,000円〜4,000円程度のものが多く、エントリーモデルとして選ぶにはちょうどいいように感じます。

新しいものに対してどれくらいのお金をかけるか。その人の本性が出てくるかもしれませんが、長く使うことを考えるのであれば、しっかりしたものを購入してもいいかもしれませんね。

ヨドバシVR機器
VR機器ヨドバシ

意外や意外。一番大きなヤマダ総本店ではVRゴーグルは一種類だけ?!

ビックカメラ、ヨドバシカメラと同様にかなり大きな家電量販店の一つであるヤマダ電機では、VR機器は実際どうなのか。

ヤマダ電機池袋総本店に足を運んでみて調べてみたところびっくりしました。池袋のヤマダ電機に行かれたことある方はわかると思いますが、ありえないくらい広いのです。

かなりの敷地にゆったりとした店内は、一瞬都心というのを忘れてしまうようなレベルの快適さ。ここなら、たくさんのVRゴーグルと出会えると思って足を運んでみました。

ところが、店員さんに聞いたところ、サムスン製の一つしか置いてないということが判明した。サムスン製のあれというのは、Gear VRのこと。VRに力をいれているお店もあれば、そうでもないお店もあって新しい発見でした。

各メディアにも露出しており、少しずつ認知されてきたVR機器ですが、ヤマダ電機としては、まだこれからと思っているため、取り扱ってないと考えられます。

これから流行していくであろうVR機器もユーザーに受け入れられるようにするためにはどうしたらいいのかをしっかりと考える必要がありそうですね。

安いVRゴーグルを探すなら、やっぱアマゾン?!

VR機器アマゾン

情報化社会が発達した現在であれば、インターネット通販を利用すればお店で売っているものより安く入手できると考えている人も多いです。

ちなみに、私もそのうちの一人でした。冒頭で記載したように、アマゾンで取扱いのあるVRゴーグルは、約5,000点。もちろん、同じものを違う販売店が扱っているはずなので、5,000種類はないと思います。

しかし、よくわからないメーカーやロゴのVR機器が多いのは事実で、金額は安いんだけれど、どうなのか詳しい人に聞いてみました。

実際にアマゾンで商品を出品している友達に相談したところ、「中国を含めた外国のOEMで、その販売店のブランドやロゴを印字して販売しているところが多いんじゃないか?!」という回答をいただくことができました。

また、「並行輸入品という可能性もあるので、購入する時は注意するといい。」ということも教えてもらいました。

確かにミドルエンド(4,000円〜6,000円)を定価とするVRゴーグルの量はとてつもなく多く、似たようなフォルムをしており、よく見てみるとロゴだけ違います。

安心して使えるものであれば問題は起きませんが、情報機器の場合、初期不良や故障などした時の対応を考えるとちゃんとしたサポートが受けられるところがありがたいです。

アマゾンで購入するにしても、正規代理店なのかそうじゃないのか。メーカー直販に近い形で、自分のロゴをつけているのか。そういったことも知っておくと安心です。

もっと慎重になるなら?!

出品しているアイテムが正規品なのか、OEM製品なのかどうすればわかるのでしょうか。その方法も教えてもらいました。商品ページの出品者をクリックし、「出品者情報」や「特定商取引法に基づく表示」を見てみると良いでしょう。

気になるなら、そこに電話をかけ、正規代理店なのか確認をとってみると良いでしょう。アマゾンが直接販売するものであれば、基本的には大丈夫です。

アマゾンVR

また、知っておくと便利なのが、基本的にAmazon.co.jpが発送した未開封・未使用の商品であれば、30日以内の返品は受け付けてくれるという規定があるので、合わせて覚えておくと便利でしょう。ただし、マーケットプレイスやギフトのものの場合、多少規定が違うので、利用する場合は、調べてみると良いでしょう。

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html/

まとめ……長く使うものだから信頼できるところから購入すべき

2016年に少しずつVRゴーグルが市場に出始め、2017年を迎えた頃にはかなり多くのVR機器が出回るようになりました。

アマゾンでも約5,000点にも及ぶものが見つけられます。しかし、増えすぎることの弊害としては実際にどれがいいのかわからないということです。

手軽に情報を調べられるようになったから、自ら足を運んで選ばなくなったように思えます。しかし、家電量販店などに足を運び、お店の人と会話をすることで、今の売れ筋商品や実際の使い心地など確認することができます。

実際に足を運んでみて、人気ある商品だったのは、エレコムのVRゴーグルでした。ピント調節機能や目幅の調節ができるものが人気あり、1万円近くするものではなく、5,000円以内で購入することができるもの。

松竹梅でいうところの、竹が一番売れるということですね。これからVRライフを始めようとお考えの方は、ミドルクラスのものから選んでみてはいかがでしょうか。

  • LINEで送る

コメントを残す

*