アダルトVRゲームブランドまとめ!洋物は無修正!国内のは萌え中心

  • LINEで送る
vr-game

アダルトVRのコンテンツは年月とともに少しずつ増え、VRシネマと呼ばれる物語中心のものから単純なAVなど一方的に流れていくものから、ゲームに代表される自分の選択肢で未来が変わるようなコンテンツ。そして、リアルタイムで繋がるようなサービスなど様々です。

子どもの頃、ファミコンをはじめとするデジタルゲームと共に育った方々は、遊びの要素が強いゲームのようなコンテンツが好みという方が多いでしょう。

そういった方々の夢を叶えてくれるアダルトVRゲームメーカー(ブランド)は実際のところどれくらいあるのか気になります。今回は、国内、国外問わず、アダルトVRゲームメーカー(ブランド)とその代表作をまとめました。

日本最大規模のアダルトVRゲームブランド【イリュージョン】

イリュージョン
引用:イリュージョン

美麗な3DCGを生み出したゲームメーカーとして、多くの作品を世に生み出し、3Dゲームマニアの心を満たし続けている「ILLUSION(イリュージョン)」は、VRが世に出回るのと同時に過去に作成してきたゲームをVR対応してきた業界の先駆者です。

アニメ寄りのイラストも扱うこともありますが、どちらかというとリアル向けの作品が多く存在するように思います。現実世界を舞台にしたものや完全にファンタジー路線のものまで、作品の方向性は多岐にわたります。

2017年2月28日に発売予定の『VRカノジョ』は、過去に出したタイトル『リアル彼女』の要素を受け継ぎ、一緒の空間を過ごし、吐息や体温までも感じられるような臨場感と距離感が感じられるとか。

Oculus RiftやHTC Viveにも対応するとのことなので、今から準備しておきたいですね。さらには、OculusTouchを活用した、「彼女に触れる」というポイントも気になるところです。どれだけ、リアルに触ることができるのか。

その他『セクロスフィア』や『Sexyビーチプレミアム』、『ハニーセレクト』も追加コンテンツとしてVR対応にもなっているので、『VRカノジョ』の前に楽しんでみるのも良いでしょう。

イリュージョン公式サイト

カスタムメイドで有名なブランド【KISS】

KISS
引用:KISS

イリュージョンとは別で、VRに対応したゲームを作っているブランドもあります。それは【KISS】というブランドで、カスタムメイドシリーズやカスタム奴隷シリーズが有名です。

VRに対応しているのはカスタムメイドシリーズで、接待用のメイドを育成し躾けるゲーム。性的な夜の仕事もメイドのお仕事で、自分の好きなセックスの体位やプレイなども教えることができるという優れものです。

普通のアダルトゲームとしても楽しめるこの作品ですが、VRゴーグルなどをつけると目の前にメイドさんがいて、触れることができないにも関わらず、手を前に突き出してしまう。素敵なメイドさんとの時間を楽しんでください。

kiss公式サイト

洋物好きにはたまらない作品を作る【sinVR】

sinVR
引用:sinVR

Oculus Riftに対応したアダルトVRゲームを作成する海外メーカー【sinVR】がお届けするゲームは、『RODEO SHOW(ロデオショー)』というゲーム。

アメリカの西部劇に出てくるようなカウガールのジェスカとの時間を楽しんで欲しい。フェラチオやセックスは、曜日によって決められており、自分の好みをある程度決めて動くことができます。

日本のゲームとはちょっと違ったテイストで楽しむことができます。Oculus Rift専用アプリなので、環境がある方は一度お試しあれ。

日本のライトな映像に飽きてきたら、海外のリアルで生々しいグラフィックを楽しむのもいいですね。何より、無修正で結合部がくっきり見えるのが感動的。

sinVR公式サイト

精力的に様々なタイトルを美に生み出す【CITOR3】

CITOR3
引用:CITOR3

日本の作品以上にリアルな女性と絡みたいと考えるならば、【CITOR3】が生み出すタイトルがおすすめです。

CITOR3は、エログロ系の調教もの『FEM DOMINATION(フェム ドミネーション)』が有名で、あなたは奴隷となって女王様に調教されていきます。

M気質な人にはたまらない作品かもしれませんね。洋物ということもあり、モザイク無しの無修正でゲームが楽しめるのもひとつのメリットですね。完璧に丸見えなアソコを楽しんでください。

CITOR3公式サイト

まとめ……VR専用のアダルトゲームが今後増えていくこと期待!

ゲームメーカーまとめ

ゲームに限らず、VR関連のコンテンツは、通常の作品を作る以上に労力がかかってしまいます。その為、諸手を挙げて参入してくる会社は、少ないかもしれません。

しかし、VRの技術が進歩し、よりコストが少なくなり、ユーザーの評価も高まれば参入するメーカーも増えるかもしれません。

ゲームメーカー(ブランド)によって、作品の方向性や趣味嗜好は変わってきます。アンテナを立てながら、自分の好きな毛色の作品が出たら、手にとって遊んでみてください。

  • LINEで送る

コメントを残す

*